「賃貸か購入か、お得なのはどっち?判断基準はあるの??」と思っている方へ

Blog

「賃貸か購入か、お得なのはどっち?判断基準はあるの??」と思っている方へ

 

こんにちは、株式会社オフィシャルです。

 

さっそくですが、

お家のことで悩んだご経験のある方、

「結局、賃貸と購入どっちがイイの!?」

と一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

 

ご家庭のある方、お一人様、家族構成により考え方も色々あります。

 

実際、世の中には色々な意見があります。

今回はその一部をご紹介、ご参考にされてみてくださいね^^

 

「「賃貸」vs「購入」どっちがおトク?30代編

http://house.ocn.ne.jp/useful/vs/16.html

 

読んでいただくと分かるように、

家の購入には経済的理由だけでなく、

「今後移動があるか、ないか」も大きく関係します。

※もちろん、購入後に引越しが決まったら「貸し出す」という手もあります。

 

また、子供さんがいるご家庭では、

お子さんの年齢も、家のことを考える上で大切になってきます。

 

「比較的教育費のかからない幼稚園、小学生の内に家を買って前倒しでローンを返す」

「小学校に上がって転校はかわいそうだから、上がる前に購入する」

など、タイミングを考える事も大切ですね。

 

 

余談ですが、私の兄の会社では、

家を購入した途端に「単身赴任で地方に異動!」と辞令がでる・・・

という都市伝説(?)があるそうです。

 

「買ったら稼がねば!稼ぐには働かねば!」

という心理になるのを利用して、

辞令を断れなくしている・・・らしいです。

 

 

自分は住宅購入資金にいくらかけられるのか、

目安を算出できる興味深いシュミレーターがあったので、

宜しければこちらもご覧になってみてください。

 

「住宅ローンシュミレーター」

http://www.homes.co.jp/edit/loan/simulator-can/

 

 

では「私は賃貸にする!」と決めた場合、

じゃあ一体月いくらの部屋に住めばイイのでしょう?

 

当面は、「月給の1/3」以内に抑えるのが賢明かもしれません。

 

「一人暮らしの家賃、給料の「3分の1」では破綻!?」

http://allabout.co.jp/gm/gc/30428/

 

家賃はただでさえ、大きな出費の一つです。

しかも固定費なので、頑張っても節約はできません。

自分が何にいくらかけて、生活するのか、

自分の生活レベルと意識を把握して、必要であれば、

その意識の変革もやむを得ないでしょう。

 

 

 

いずれにしても、「現在どうしたいか」だけでなく、

「未来はどうしたいか」まで考えて、

家のことを考える必要がありますね。

 

「人生計画(ライフプラン)」って大切!!

 

 

 

 

  • ※メールはSSL暗号化通信利用して登録されます。
  • ※いつでも解除できますので、安心して登録ください。

ページの先頭に戻る